• ナキヨ゙ケノハミシッフ袞ツオ ツラカリケノハミ27ネユオ0.15% 2018-10-21
  • カキノサメサヨワトレ6エホニキノ タケスリア゚セウクススヘ篁ユイサ 2018-10-21
  • ケォヨレコナエVヒ「チソアウコニ萍オハヌメサラョ。ート翩鯰メヤク。アオトノメ 2018-09-23
  • 8チャハ、」。ーイヒァーンネハモマユネエイリエユミ セイコナキケレタマヤゥシメ 2018-09-07
  • ムヌツムキPrimeサ瞞アネユマハロカエエミツク゚ ケノシロヤルニニ1000テタ。ュ 2018-09-07
  • 。カキエフーキ邀ゥ2。キトミノナョノハ「ハタテタムユミ翹ォソノイヘ 2018-07-24
  • ヨミケヘュウソレシ、ヤ」コトレヘ篶ラタユコィ 2018-06-27
  • ノスカォメサカソニメスノアササシユ゚シメハソウウノヨリノヒ イサヨホノヘ 2018-06-27
      1. トップページ
      2. ニュースリリース

    七星鱼漂大小:ニュースリリース

    老手七星漂 www.gwcdz.com アサヒグループホールディングスのニュースリリース

    ニュースリリース

    2018年3月14日
    アサヒグループホールディングス株式会社

    「お花見」に関する意識調査
    6割近くが「お花見に行く」、例年より参加意向アップ!
    「おひとり花見」「おうち花見」など多様化進む
    お花見弁当は「手作り派」から「市販派」へ!

    アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、2018年2月21日(水)〜2月27日(火)にインターネットで、「お花見」に関する意識調査を実施し、2,650人の有効回答を得ました。その結果から下記のような傾向があることが分かりました。

    • ■6割近くが「お花見へ行く」、寒波が影響!? 例年以上に参加意向の高さが目立つ
    • ■年々定着する「ひとり花見」、仲間もいいけど一人で静かに桜を愛でるのも格別
    • ■「SNSで穴場探し」「おうち花見」など、お花見の楽しみ方もいろいろ
    • ■お花見弁当は「手作り派」から「市販派」へ、たまにプチ贅沢をしてストレス発散!?
    • ■人気は「ビール」「チューハイ」など、寒くてもシュワシュワがなくては始まらない
    Q.今年、お花見へ行く予定がありますか?
    ⇒6割近くが「お花見へ行く」、寒波が影響!? 例年以上に参加意向の高さが目立つ

    単回答N=2,650

    お花見参加意向の推移(2011-2018)

    「必ず行くつもり」と回答した人は24.9%。「まだ決まっていないが行くつもり」という声も34.6%を数え、全体の6割近くの人びとが「桜開花のニュースを楽しみにしている」ことが明らかとなりました。過去に実施した同調査を振り返ると、「必ず行くつもり」「まだ決まっていないが行くつもり」(2011年=57.7%、2012年=57.3%、2013年=58.1%、2014年=60.9%、2015年=58.3%、2016年=55.3%、2017年=57.6%、2018年=59.5%)という声は昨年よりも1.9%アップ、過去最も低かった2016年よりも4.2%増加し、東日本大震災以降の中では2014年に次いで高い参加意向を示しました。特に今冬は全国的に大寒波が襲い、各地が大雪に見舞われため、桜咲く暖かで穏やかな春の到来を待ち望む人びとが多く、こうした気持ちが参加意向の数値にも反映されているのかもしれません。

    Q.今年はどんなメンバーと一緒に行く予定(行きたい)ですか?
    ⇒お花見は「大事な家族イベント」、夫婦の歩みや子どもの成長を振り返る機会に
    ⇒年々定着する「ひとり花見」、仲間もいいけど一人で静かに桜を愛でるのも格別

    複数回答N=2,259

    「ひとりお花見」の推移

    最も回答が多かったのは「家族(子ども、孫を含め)」(42.1%)でした。2位にも「夫婦」(40.4%)が続き、「子どもが生まれて」「結婚以来」など、「家族レジャー」の一環として夫婦や家族で桜を愛でるご家庭がとても多いことがうかがえます。また3位に「友人(学生時代など)」(20.7%)、5位に「仕事仲間(同僚、部署など)」(13.7%)が挙げられ、学生時代の友達、職場の同僚、習い事のメンバー等々、自分が属する各コミュニティの仲間達を誘って出かけるという人が目立ちました。

    どんなメンバーと一緒に行く予定(行きたい)?

     家族や仲間など、複数人数で開催する「お花見」が多かった一方で、4位には「自分一人で」(17.2%)がランクイン。グループでわいわい楽しむのも良いですが、一人静かに過ごすお花見も格別という声が目立ちました。ちなみ過去の同調査によれば、「自分一人で」(2007年=6.7%、2010年=7.0%、2013年=11.6%、2016年=16.6%、2017年=16.0%、2018年=17.2%)という声は、昨年より1.2%アップ、2007年よりも10.5%増加。2016年以降は16%以上の高い数値をキープし、「ひとり花見」が確実に定着していることが判ります。

    Q.あなたのお花見のタイプは、下記のどれに近いですか?(3つまで選択可)
    ⇒「散歩」「ドライブ」など移動しながらの桜見物が人気、場所取りは不要
    ⇒「SNSで穴場探し」「おうち花見」など、お花見の楽しみ方もいろいろ

    複数回答N=2,223

    お花見のタイプは?

    最も回答が多かったのは「歩きながら桜を鑑賞する『散歩派』」(66.5%)でした。6位に「車でめぐる『お花見ドライブ派』」(12.9%)、8位にも「ジョギング・自転車に乗りながら楽しむ『スポーツ派』」(5.6%)が挙げられ、腰を据えて楽しむよりも、むしろ移動しながらお花見を楽しむ人が目立ちました。さらに「SNSを参考にして穴場のお花見スポットを探して行く」(女性40代、新潟県)など、SNSや口コミを参考にして出かける人もいました。
     「お花見=アウトドア」が主流ですが、見逃せないのは9位の「自宅(リビング、バルコニー、庭など)から桜を観賞する『おうち花見派』」(4.0%)です。10位にも「眺め最高のレストランで鑑賞する『プチセレブ派』」(3.5%)がランクイン。防寒や花粉症、場所取りの心配が一切ない、窓越しから桜が楽しめるレストランを予約する人もいました。ちょっとリッチですが、お花見シーズンならではのプチ贅沢と言えるでしょう。

    Q.あなたが楽しみにしているお花見グルメは?
    ⇒お花見弁当は「手作り派」から「市販派」へ、たまにプチ贅沢をしてストレス発散!?

    複数回答N=2,205

    楽しみにしているお花見グルメは?

    堂々の人気ナンバーワンは「おにぎり」(22.5%)でした。10位にも「サンドイッチ」(11.1%)が続き、箸や取り皿などの用意がなくても、素手で手軽に食べられる「おにぎり」「サンドイッチ」は、お花見時に最適なモバイルフードと言えそうです。
     またお花見といえば、見逃せないのが5位「市販のお花見弁当(デパ地下など)」(18.6%)です。さらに6位にも「手作りのお花見弁当」(17.2%)が挙げられ、大空の下、野外で食べるお弁当の美味しさは何物にも代えられないという声が寄せられました。ちなみに過去調査で「市販お弁当派」(2014年=22.5%、2015年=17.9%、2016年=17. 6%、2017年=18.8%、2018年=18.6%)と「手作りお弁当派」(2014年=27.1%、2015年=18.8%、2016年=18.6%、2017年=18.9%、2018年=17.2%)の数値を比較してみたところ、4年前の2014年時は圧倒的に「手作りお弁当派」が多かったものの、2015年以降から「手作り派」が急減。昨年2017年時は「手作り派」と「市販派」がほぼ均衡し、今年は「市販派」が急増して「手作り派」を一気に引き離す結果となりました。「市販」よりも「手作り」のほうが家計には優しいものの、たまの野外イベントだからこそ、「少しプチ贅沢をしてストレスを発散したい」という人が案外多いのかもしれません。

    Q.お花見に欠かせない飲料は?(3つまで選択可)
    ⇒人気は「ビール」「チューハイ」など、寒くてもシュワシュワがなくては始まらない

    複数回答N=2,202

    お花見に欠かせない飲料は?

    最も回答が多かったのは「ビール」(全体=65.2%、男性=71.1%、女性=59.2%)でした。「同じく4位に「新ジャンル(第3のビール)」(全体=13.9%、男性=15.5%、女性=12.4%)、6位にも「発泡酒」(全体=12.0%、男性=12.7%、女性=11.4%)が挙げられ、野外飲みでは炭酸の喉ごしが良い「ビール系飲料」に高い支持が集まりました。「ビール」と同じく炭酸シュワシュワ系では、3位に「チューハイ」(全体=19.3%、男性=16.4%、女性=22.1%)がランクイン。「期間限定のチューハイを楽しみにしている」(女性40代、埼玉県)など、春や花見シーズン限定で発売される商品を心待ちにする声。さらに8位にも「ノンアルコ−ルビール」(全体=9.9%、男性=8.7%、女性=11.2%)が挙げられました。

    調査対象 全国の20歳以上の男女 有効回答数:2,650人(男性1,375人、女性1,275人)
    調査方法 インターネット
    調査期間 2月21日(水)〜2月27日(火)
    ※詳しい情報レポートはこちら(ハピ研 ホームページ)
    //www.gwcdz.com/company/research/hapiken/maian/201802/00668/

  • ナキヨ゙ケノハミシッフ袞ツオ ツラカリケノハミ27ネユオ0.15% 2018-10-21
  • カキノサメサヨワトレ6エホニキノ タケスリア゚セウクススヘ篁ユイサ 2018-10-21
  • ケォヨレコナエVヒ「チソアウコニ萍オハヌメサラョ。ート翩鯰メヤク。アオトノメ 2018-09-23
  • 8チャハ、」。ーイヒァーンネハモマユネエイリエユミ セイコナキケレタマヤゥシメ 2018-09-07
  • ムヌツムキPrimeサ瞞アネユマハロカエエミツク゚ ケノシロヤルニニ1000テタ。ュ 2018-09-07
  • 。カキエフーキ邀ゥ2。キトミノナョノハ「ハタテタムユミ翹ォソノイヘ 2018-07-24
  • ヨミケヘュウソレシ、ヤ」コトレヘ篶ラタユコィ 2018-06-27
  • ノスカォメサカソニメスノアササシユ゚シメハソウウノヨリノヒ イサヨホノヘ 2018-06-27