• ナキヨ゙ケノハミシッフ袞ツオ ツラカリケノハミ27ネユオ0.15% 2018-10-21
  • カキノサメサヨワトレ6エホニキノ タケスリア゚セウクススヘ篁ユイサ 2018-10-21
  • ケォヨレコナエVヒ「チソアウコニ萍オハヌメサラョ。ート翩鯰メヤク。アオトノメ 2018-09-23
  • 8チャハ、」。ーイヒァーンネハモマユネエイリエユミ セイコナキケレタマヤゥシメ 2018-09-07
  • ムヌツムキPrimeサ瞞アネユマハロカエエミツク゚ ケノシロヤルニニ1000テタ。ュ 2018-09-07
  • 。カキエフーキ邀ゥ2。キトミノナョノハ「ハタテタムユミ翹ォソノイヘ 2018-07-24
  • ヨミケヘュウソレシ、ヤ」コトレヘ篶ラタユコィ 2018-06-27
  • ノスカォメサカソニメスノアササシユ゚シメハソウウノヨリノヒ イサヨホノヘ 2018-06-27
      1. トップページ
      2. ニュースリリース

    盖世英雄mc七星mv下载:ニュースリリース

    老手七星漂 www.gwcdz.com アサヒグループホールディングスのニュースリリース

    ニュースリリース

    2018年2月9日
    アサヒグループホールディングス株式会社

    「受験にまつわる思い出」に関する意識調査
    一番の大敵は「風邪・インフルエンザ」!
    “野菜”や“肉”、“乳酸菌”などで体調管理

    アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)生活文化研究所は、2018年1月17日(水)〜1月23日(火)にインターネットで、「受験にまつわる思い出」に関する意識調査を実施し、721人の有効回答を得ました。その結果から下記のような傾向があることが分かりました。

    • ■気分転換は「音楽・ラジオを聞く」−受験の思い出として「深夜放送」を懐かしむ声も
    • ■受験成功のポイントは「睡眠欲」「食欲」「入浴」の3つの「よく」を満たすこと
    • ■一番の大敵は「風邪・インフルエンザ」、今までの努力が水の泡になる悔しさ
    • ■冬場に不足がちな「野菜」「ビタミンC」摂取を心掛け、風邪予防に努める
    • ■「ヨーグルト」は受験生の強い味方!? インフルエンザ、花粉症予防を期待する声も
    • ■4割近くが「ジンクス・験担ぎをする」と回答−年代と共に「しない派」増加へ

    Q.受験中の気分転換やリフレッシュ方法で効果的なもの何でしたか?
     ⇒気分転換は「音楽・ラジオを聞く」−受験の思い出として「深夜放送」を懐かしむ声も
     ⇒受験成功のポイントは「睡眠欲」「食欲」「入浴」の3つの「よく」を満たすこと

    複数回答 N=651人

    効果的な気分転換やリフレッシュ方法は?

    最も回答が多かったのは「音楽・ラジオを聞く」(46.4%)でした。「好きな曲や、気分が上がる曲を聴くと気持ちがリセットされた気分になった」(男性40代、青森県)など、勉強に行き詰まったとき、集中力が途切れそうになったとき、好きな音楽を聞いて気分転換をはかったという声。さらに、音楽を聴きながら勉強することで集中力が増したという声も寄せられました。また自由回答の中には「ラジオの深夜放送は、(パーソナリティの)会話や音楽、CMまで、勉強の妨げになることなく自分の世界に入れた」(女性50代、岐阜県)など、受験の思い出として「深夜放送」を懐かしむ声も目立ち、ラジオパーソナリティの言葉に励まされたという人もいました。視覚情報のない「音楽・ラジオ」ならではの魅力と言えそうです。
     「メディアに触れる」以外のリフレッシュ法で多かったのは、2位「睡眠・昼寝を十分にする」(36.3%)。睡眠時間を削って勉強するのはむしろ逆効果という声が多く、勉強よりも睡眠を第一優先にする人が目立ちました。特に受験日が迫る今の時期は、試験開始時間に合わせたベストコンディションを作ることが大事。起床から2、3時間が経たないと脳はベストな状態で働かないと言われており、試験日に合わせて「早寝早起き」を早めに習慣付けておくことが必要かもしれません。さらに4位に「好きな食べ物・スイーツを食べる」(31.5%)、5位にも「お風呂にゆっくり入る」(29.5%)が続き、「睡眠欲」「食欲」「入浴」の3つの「よく」が受験成功の要因と言えるかもしれません。

     

    Q.受験日当日に一番心配なことは何ですか?
     ⇒一番の大敵は「風邪・インフルエンザ」、今までの努力が水の泡になる悔しさ

    複数回答 N=635人

    受験日当日に一番心配なことは?

    最も回答が多かったのは「風邪・インフルエンザ」(65.8%)でした。「インフルエンザになったりしたらまともに解答(テスト)できないので心配。努力してきたことが水の泡になるのはすごく悔しい」(女性40代、広島県)など、受験シーズンはインフルエンザの流行期や、寒さの厳しい時期とも重なるため、「風邪・インフルエンザが一番の大敵」という声。さらに「いつも大事なときにお腹が痛くなっていたので、一番心配だったのは腹痛」(女性30代、神奈川県)など、5位にも「腹痛(下痢・便秘)」(24.1%)が挙げられ、自分の力を思う存分発揮できない「体調不良」を恐れる声が目立ちました。特にインフルエンザの場合は、本人のみならず、受験生と一緒に暮らす家族全員が気をつけないと感染を広げてしまうケースもあります。予防接種やマスク着用の徹底など、家族で実践しているご家庭も案外多いのではないでしょうか。

    Q.受験に向けた体調管理のため、家族の食事や栄養素で摂取を心掛けているものは?
      また、摂取・飲食を心掛けたものを教えてください。
     ⇒冬場に不足がちな「野菜」「ビタミンC」摂取を心掛け、風邪予防に努める
     ⇒「ヨーグルト」は受験生の強い味方!? インフルエンザ、花粉症予防を期待する声も

    複数回答 N=589人

    飲食で心掛けて摂取した・摂取しているものは?

    最も回答が多かったのは「野菜(調理)」(49.1%)でした。特に冬場は野菜不足に陥りやすいため、体に吸収されやすく量を食べやすい温野菜は、受験生に優しい摂取方法と言えます。とはいえ、野菜は加熱するとどうしてもビタミンが壊れやすいため、「ビタミンCをサプリで取るようにしたら、若干かぜをひきにくくなった気がする」(男性30代、茨城県)など、6位に「ビタミンC」(20.5%)、7位にも「野菜(生)」(15.4%)が続き、生野菜やビタミンCの摂取を重視する声も目立ちました。この冬は野菜高騰で家計も気になるところですが、ビタミンCはミカン等の柑橘類やキウイなど果物からも得られます。その時々の店頭価格と栄養バランスを考えながら、上手に食材選びを考える必要がありそうです。
     「野菜」「ビタミンC」以外で回答が多かったのは、2位「肉類」(43.8%)がランクイン。「1日の大半を勉強に費やすし、当然深夜まで勉強するので体力勝負。肉を食べてスタミナをつけることが大事」(男性50代、茨城県)など、体力勝負の受験に勝つため、肉を食べて スタミナ維持やパワーを付けるという声。さらに「3位に「魚類(調理)」(26.1%)、8位に「たんぱく質」(14.1%)、9位に「納豆」(14.6%)、10位にも「豆類」(12.4%)が挙げられ、筋肉や血液など、私たちの体を作る上で欠かせない「たんぱく質」を大事にする声が多数寄せられました。中でも「青魚や発酵食品を食べるように心掛けている」(男性30代、大阪府)など、特に「脳の働きを活溌にする」と言われるDHA・EPAを多く含む「青魚(イワシ、サンマなど)」、「記憶力・学習能力を高める」と言われるレシチンを多く含む「納豆」を、食事に取り入れているご家庭も少なくありませんでした。
     また食事摂取の中で見逃せないのは、5位「乳製品(ヨーグルト・牛乳など)」(25.0%)、10位「乳酸菌」(12.4%)です。「お腹の調子を整えるため、ヨーグルトなどの乳酸菌食品をいつもより食べるようにしていた」(女性40代、広島県)など、乳酸菌(善玉菌)を摂取して免疫力をアップするという声。さらに「ヨーグルトはインフルエンザに良いと聞いたので娘に食べさせていました」(女性50代、千葉県)など、最近ではインフルエンザなどの感染症や、花粉症などのアレルギー性鼻炎の予防に効果があるという研究も発表され、ヨーグルトに高い注目が寄せられています。まさに受験生にとっての強い味方と言えそうです。

    Q.受験成功に向けて験担ぎやジンクス、おまじないをしますか?
     ⇒4割近くが「ジンクス・験担ぎをする」と回答−年代と共に「しない派」増加へ

    単一回答 N=721人

    「(合格を祈願して)お風呂に入り新しい下着に着替える。効果の程は分かりませんが、なぜか安心する」(女性50代、沖縄県)など、「必ずする」と回答した人は10.9%。「まあまあする」という声も28.7%を数え、全体の4割近くの人びとが「ジンクス・験担ぎ」を行っていることが明らかとなりました。

    年代別:験担ぎやジンクス、おまじないをする?

    年代別ではいかがでしょうか。「(ジンクス・験担ぎを)必ずする」という声を見てみると、20代で24.4%、30代で21.0%と非常に高い数値を示しましたが、40代では一気に9.3%まで急減。さらに70代上代では最も低い5.9%に留まり、年齢を重ねると共に「ジンクス・験担ぎ」に頼らないという人が目立ちました。「(ジンクス・験担ぎを)全くしたい」という声は全体の22.5%を占めましたが、「しない派」の主な理由を具体的に見ていきましょう。「験担ぎに意味があるとは思えない。受験はそんな甘いものではない。すべては実力である」(男性50代、東京都)、「験担ぎとかは昭和の時代の人の発想で、今時そんな人はいないのでは…。努力が全て」(男性20代、東京都)など、科学的な根拠のないものに効果があるはずがなく、すべては努力と実力のみという声。さらに「神頼みをしてしまうのは他力本願になってしまい、無意識のうちに勉強する気が減ってしまう気がする。仮に不合格だったときにも『験担ぎしたのに!』と責任転嫁する先を作りたくなかったので、自分の場合は験担ぎをしなかった」(女性30代、愛媛県)など、「他力本願」ではなく、試験は自己責任と考えなければ、やる気が起こらないという人もいました。

    調査対象 全国の20歳以上の男女 有効回答数:721人(男性384人、女性337人)
    調査方法 インターネット
    調査期間 1月17日(水)〜1月23日(火)
    ※詳しい情報レポートはこちら(ハピ研 ホームページ)
    //www.gwcdz.com/company/research/hapiken/maian/201801/00663/

  • ナキヨ゙ケノハミシッフ袞ツオ ツラカリケノハミ27ネユオ0.15% 2018-10-21
  • カキノサメサヨワトレ6エホニキノ タケスリア゚セウクススヘ篁ユイサ 2018-10-21
  • ケォヨレコナエVヒ「チソアウコニ萍オハヌメサラョ。ート翩鯰メヤク。アオトノメ 2018-09-23
  • 8チャハ、」。ーイヒァーンネハモマユネエイリエユミ セイコナキケレタマヤゥシメ 2018-09-07
  • ムヌツムキPrimeサ瞞アネユマハロカエエミツク゚ ケノシロヤルニニ1000テタ。ュ 2018-09-07
  • 。カキエフーキ邀ゥ2。キトミノナョノハ「ハタテタムユミ翹ォソノイヘ 2018-07-24
  • ヨミケヘュウソレシ、ヤ」コトレヘ篶ラタユコィ 2018-06-27
  • ノスカォメサカソニメスノアササシユ゚シメハソウウノヨリノヒ イサヨホノヘ 2018-06-27