• ナキヨ゙ケノハミシッフ袞ツオ ツラカリケノハミ27ネユオ0.15% 2018-10-21
  • カキノサメサヨワトレ6エホニキノ タケスリア゚セウクススヘ篁ユイサ 2018-10-21
  • ケォヨレコナエVヒ「チソアウコニ萍オハヌメサラョ。ート翩鯰メヤク。アオトノメ 2018-09-23
  • 8チャハ、」。ーイヒァーンネハモマユネエイリエユミ セイコナキケレタマヤゥシメ 2018-09-07
  • ムヌツムキPrimeサ瞞アネユマハロカエエミツク゚ ケノシロヤルニニ1000テタ。ュ 2018-09-07
  • 。カキエフーキ邀ゥ2。キトミノナョノハ「ハタテタムユミ翹ォソノイヘ 2018-07-24
  • ヨミケヘュウソレシ、ヤ」コトレヘ篶ラタユコィ 2018-06-27
  • ノスカォメサカソニメスノアササシユ゚シメハソウウノヨリノヒ イサヨホノヘ 2018-06-27
      1. トップページ
      2. ニュースリリース

    七星漂双钩调漂:ニュースリリース

    老手七星漂 www.gwcdz.com アサヒグループホールディングスのニュースリリース

    ニュースリリース

    2017年12月26日
    アサヒグループホールディングス株式会社
    臺灣朝日啤酒股份有限公司

    アサヒビール台湾 2018年1月業務開始
    〜新たな販路を開拓し、台湾におけるさらなる販売増を目指す〜

    アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、台湾における『アサヒスーパードライ』を中心としたアサヒグループ製品の酒類輸入・販売業務について、2018年1月より、現地合弁会社 三商朝日股份有限公司が担う現行体制から、100%出資の新会社 臺灣朝日啤酒股份有限公司(所在地 台湾 台北、董事長 古庄希、以下アサヒビール台湾)が担う新体制へと移行し、台湾におけるさらなる販売強化に取り組みます。

    今回の新体制への移行により、従来の合弁会社のみによる販売体制から、台湾全土でそれぞれの地域や飲食店業態に強みを持つ複数の卸店を通じた幅広い販売網の構築、並びにコンビニエンスストアなどの一部量販店へは直接販売を行うことが可能となります。新たな販路を開拓することで、さらなる売上の拡大を目指します。また、100%資本出資の子会社によるガバナンス体制となることで、アサヒグループのマーケティング力を活かしたお客様の需要掘り起こしと、グループの幅広い商品ラインアップを柔軟に提案できる営業体制を強化し、台湾における成長戦略の実現を加速します。

    アサヒ飲料製品の輸入・販売業務については、2018年1月より、三商朝日股份有限公司が担う現行体制から、台灣可爾必思股份有限公司(本社 台湾 台北、董事長 大石立)が担う新体制へと移行します。

    近年、台湾におけるビール市場は微増傾向が続いており、2016年は前年比100.7%(※1)に着地した模様です。台湾のビール市場全体は微増傾向であるものの、国産ビールは微減で、輸入ビールの増加が市場全体を支えています。牽引しているのは中高級価格帯の輸入ビールであり、その総量は直近5年間で約1.3倍(※1)に拡大しています。

    (※1)出典:台湾財政部統計

    台湾は親日家も多く、日系企業にとってポテンシャルの高い市場の一つです。アサヒビール台湾は、業務用市場においては、『アサヒスーパードライ』のきめ細やかな泡や高品質な味わいを差別化商材として、日系以外の中華系や西欧系の飲食店への提案を強化し、樽生ビールを中心とした販売増を目指します。また、家庭用市場においては、アサヒグループのマーケティングノウハウを活かして需要を掘り起こし、RTDや焼酎、ワインなど幅広いラインアップでご提案していきます。

    2016年の台湾における『アサヒスーパードライ』を中心としたアサヒブランドの販売実績は、前年比115%と拡大しております。

    アサヒグループホールディングス梶A並びにアサヒビール台湾は、新体制においてさらなる販売強化に取り組むことで、年間販売目標100万函(※2)の早期達成を目指します。

    (※2)1函=633ml×20本。以下同じ。

    【新会社概要】

    ①名称 臺灣朝日啤酒股份有限公司(アサヒビール台湾)
    ②所在地 台湾台北市中山区松江路318号
    ③代表者の役職・氏名 董事長:古庄希 *予定
    ④事業内容 ・アサヒグループ製品の酒類輸入・販売(営業・マーケティング)
    ・その他上記関連業務
    ⑤資本金 1億台湾ドル(日本円で約3.7億円) ※1台湾ドル=3.7円で換算
    ⑥設立年月日 2017年8月14日
    ⑦株主構成 アサヒグループホールディングス 100%
    <ご参考>
    ■これまでのアサヒグループの台湾における酒類事業の取り組み

    アサヒグループホールディングス鰍ヘ、1998年より本格的に台湾へのビール輸出を開始。2003年以降は総販売代理として、台湾の総合商社 三商行股份有限公司の販売網を活用し、積極的な拡販を展開してきました。2008年には三商行股份有限公司と合弁で三商朝日股份有限公司を設立しています。以降、アジアにおける重要な拠点として、台湾全土を網羅する直販体制を活用し、販売強化に取り組んできました。現在は、『アサヒスーパードライ』を中心としながら、台湾限定のビール『朝日乾杯』(2004年発売)、『アサヒスーパードライドライブラック』、『アサヒスタイルフリー』のほか、RTDや焼酎、清涼飲料など、幅広くアサヒグループ製品を販売しています。

    2016年の台湾における『アサヒスーパードライ』を中心としたアサヒブランド(ビール類)の販売実績は前年比115%と拡大しており、2004年販売実績に対し約3倍にアサヒグループのプレゼンスを高めてきました。

    ■過去最高を更新!海外におけるアサヒブランドの販売数量

    海外における『アサヒスーパードライ』を中心としたアサヒブランドの2017年販売数量は、10月末時点で年間販売目標を上回りました。年間着地では、過去最高となる約1,160万函(前年比118%)超を見込んでいます。

    アサヒグループは、1988年に『アサヒスーパードライ』の輸出を開始しました。その後、販路拡大、並びに生産・輸出体制の拡充に努め、現在では世界50ヶ国以上で愛飲いただいています。近年は、きめ細かい泡をつくることができるサーバー「グローバルドラフトタワー」などを活用し、樽生ビールの提供品質の向上にも積極的に取り組んでいます。

    アサヒグループは、2018年1月よりアサヒグループ傘下のアサヒ・ヨーロッパ社による『アサヒスーパードライ』の欧州における販売を開始します。グローバルプレミアムビールメーカーとしての成長を加速していきます。

    以上


  • ナキヨ゙ケノハミシッフ袞ツオ ツラカリケノハミ27ネユオ0.15% 2018-10-21
  • カキノサメサヨワトレ6エホニキノ タケスリア゚セウクススヘ篁ユイサ 2018-10-21
  • ケォヨレコナエVヒ「チソアウコニ萍オハヌメサラョ。ート翩鯰メヤク。アオトノメ 2018-09-23
  • 8チャハ、」。ーイヒァーンネハモマユネエイリエユミ セイコナキケレタマヤゥシメ 2018-09-07
  • ムヌツムキPrimeサ瞞アネユマハロカエエミツク゚ ケノシロヤルニニ1000テタ。ュ 2018-09-07
  • 。カキエフーキ邀ゥ2。キトミノナョノハ「ハタテタムユミ翹ォソノイヘ 2018-07-24
  • ヨミケヘュウソレシ、ヤ」コトレヘ篶ラタユコィ 2018-06-27
  • ノスカォメサカソニメスノアササシユ゚シメハソウウノヨリノヒ イサヨホノヘ 2018-06-27